Support Languages: Other

佐野稔 Minoru Sano

プライベートとビジネスの発信を分けた方がスマートなのではないか?と考えFacebookページ、オープンしました。